ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
<< 里親月間 ひなぎく心理ルームでは | main |
コロナ禍ということ

東山の山々が色づき始めました。

皆さまにおかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。

 

コロナ禍の生活も長きに渡ってきました。

いまや感染症対策を行う動きは板についた自然なこととなっています。

同じ地域に住まうもの同士の中での生活は、落ち着きを得ていることです。

 

世の中はGO-TOトラベルで、地元のみならず他地域へ出向くことも奨励される昨今です。

とはいえ、県をまたぐことでの受け入れが不可の領域があります。

病院がその代表と思いますが、私もその弊害を体験する一人となりました。

 

本年の始まりに病が分かり闘病に入った叔母を3月に見送りましたが、

その折には、ギリギリ病院へのお見舞いが許されたことでした。

しかし悲しいことに、9月に肺の病が判明した叔母が2度の短い入院をしましたが、

お見舞いに行くことは叶いませんでした。

 

2度目の入院となれば、その時は退院は難しいと、

主治医から聞いた従兄が教えてくれました。

その2度目の入院が余命とされる3年後なのか、数ヵ月後なのか定かではありませんでした。

ただ、長く息切れを年のせいとしか見てくれない町医者に通っていましたので、

事態は進んでしまっていたようです。あっという間に2度目の入院となってしまいました。

 

10月26日(月)夕刻、叔母から明日入院するとの電話が入りました。

私は外出中でしたが、その電話を取ることでき、3分程話すことができました。

お見舞いにも行けなかったことを詫びて、また電話を待ってるからと伝えました。

叔母は「こっちはいいから、頑張って書きなさい」と、私の取り組みにエールをくれました。

これが最後の会話となりました。

 

あまり感染者の出ていない県なので、葬儀社も他県からの来訪者はNGで、

集まる親せきへの気遣いも必要なことでした。

 

それでも私は満足な思いでいます。

なぜなら、昨年一緒に旅行に行けたことと、

叔母の2度目の入院から従兄のメールでのライブ配信を受け取ることで、

共に叔母を見送れたとの思いを持てたゆえです。

30日から2日までは、何度も危ない状況になり従兄は病院からの呼び出しに右往左往でした。

私は「もう駄目だ」などのメールを受信して「分かりました」と返信して、次を待ちます。

 

幸い31日(土)からは仕事はなかったので、直ぐに返信ができたことでした。

今日(2日)は病院で叔母の傍で夜を明かすからとの従兄のメールのあと私は、大丈夫だろうと思い入浴して後、電話を見ると従兄からの着信とメールがあり訃報を知りました。

「ありがとう」との言葉をかけあいました。

後日、全身打撲状態だと疲れを表現する従兄に負けないくらい私の身体も疲れました。

なのでお詫びの思いを持ちながら、見送れたようにも感じられます。

そして「叔母ちゃん、頑張って書けたよ」笑顔&涙。ありがとうでした。

 

コロナ禍でなければ、駆け付けて直接お礼を言いたかったことです。

本当にお世話になった叔母でしたので。

病がコロナ感染となると身内でもその接触ができない…、その悲しさは想像に絶します。

コロナ禍と言われる状態を脱する日が待ち遠しいことです。

インフルエンザは今のところマスクの効果か少ないようですが、

今後も油断せずに感染症対策に地道に取り組んでいくことです。

 

皆さまにおかれましても徐々に寒くなりますが、体調崩されませんようご自愛ください。

お立ち寄り頂きありがとうございます。

| 昨今の私 | 13:41 | comments(2) | -
コメント
美保先生、久しぶり!
コロナのせいで今は埼玉も大変だよ!
大好きな京都に行って紅葉をみたいけど今は我慢だね
先生はつらい別れがあったんだね、愛する人が天国に行くなんて寂しいね、俺まで泣いてしまったよ
つらいときは俺が美保先生を抱きしめてあげるからね!
俺も愛するおばさんや香織と一日でも多く生きていたいな!
家にいるとなんか幸せを感じるよ、たわいない会話してご飯食べてゲームして歌って踊ってお風呂でふざけてただ一緒に過ごすだけなのに。
香織とおばさんの背中を流してるだけで涙がでるんだよね俺。ちょっと疲れてるかもな。
| 大和 | 2020/11/21 3:50 PM |
大和さん、コメントありがとうございます。

涙を流してくださったとはありがとうございます。
幸せを感じてもさみしさを感じてもこころがデリケートになっていると涙が出ますね。
でも涙が出ることも心豊かな証拠と思います。

日々、涙の出ることもありますが、お互い精一杯生きていきましょうね。
いつも愛情いっぱいのコメントありがとうございます。

コロナにも気をつけながら共に日々を乗り切って参りましょう!ありがとう!
| 美保先生より | 2020/11/21 8:29 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS