ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
<< 18年ぶりに | main | ことばのちから >>
6月から始まる今年度

今年も早、半年が過ぎ去りました。

国民一丸となって、私たちの命を守ることに集中して来た月日と言えます。

6月、第2波の備えと予防を怠ることなしに少しづつ動き始めました。

 

当ルームは、徹底した感染症対策のもと相談業務を継続してきました。

他県から来室の方も6月からは再開されています。

 

今年度、当ルームでは里親支援に向けた取り組みを開始できればと動きを起こしました。地域に根差す相談室としての活動と位置づけ、ひなぎく心理ルームを有効活用できればと考えています。正規ルートで当ルームの紹介を頂くことのご快諾を得て、その後は里親会の方々からのご連絡があれば始動です。ご縁があることを願っています。

 

当ルームを出ての活動では、マスク着用、手指消毒、3密を避ける工夫をしながら社会福祉法人での毎月定例の事例検討会が再開しました。昨年よりメンバーが6名も増え、私の言葉を食い入るように聞くその熱心な眼差しに感動を覚える私がいました。

広い部屋で少し距離を取りながらでしたが、直にお顔を合わせての研鑽は良いなぁと改めて思いました。

 

今週末にはリモートではなく直にお会いする従来の形での、師の精神分析セミナーも始動です。学びの内容への楽しみもさることながら、今年度は2回行われたリモート開催時のパソコン画面中の諸先生方に直に会える!と思う例年にない嬉しさがあります。笑顔。

 

このご時世、体調管理にはいつも以上に気を付けていますが、

ストレスというものへの身体反応は避けがたい側面があります。

私は喉が弱く、声が出にくくなります。

沢山話すとよりですが、時にはパソコンに向き合っていても出にくくなります。

皆さまもそれぞれにストレスの出方がおありかと思いますが、

どうぞお身体大切になさってください。

 

お立ち寄りいただきありがとうございます。

感謝です。

| ひなぎくのこと | 17:21 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS