ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
<< 苦手に挑戦 | main | 学校再開にむけて >>
そうか…と気付く

そう、気付いたのです。

重い話ではありません。

重い話を軽やかに表現することでもありません。

これも、自身の表現に対して気付いたことではありますが。(笑)

 

先のアップで私が苦手なことに着手して、書類にパスワードが付けられたなど、

できたことに喜ぶ、と記載したところですが、その後に気づいたことです。

 

書面にパスワードをつける、一番簡単な方法は書類の保存の時にツールを押してもう一つ押して(笑)(忘れた)、パスワード入力したらそれで完了。

私は知らなかったので、分かるために調べることをして、そのようにすれば出来て、

私はその方法を知ることになりました。知ればもうそれは簡単なこと。

これって、つまりゼロ(知らない)か100(知っている)なんだと。

わぁーーーーって、思います。

 

(笑)(笑)大丈夫です。(笑)(笑)

そうか…、すごいと。

(笑)(笑)大丈夫です。(笑)(笑)

 

(笑)私は、考えることが好きです。厳密にいえば考えるともなく考えることが好きです。

考えるともなく考える態勢を維持することの中で「そうか…そういうことか」と、

言うのが私の生業における行為であるわけですが、これとは全く違う世界に私は気が付きました。(笑)(笑)

気が付いたことで、苦手と思う前にある抵抗が減じたように思います。

 

沢山のことを知っているということは、すごいことです。

誰にとっても至極分かりやすくすごいことです。

そうか…、そういう意味では、知っていくことを増やすこと、

私の場合は知っていることを増やすことの方になじみが薄いので、

こちらを増やすことも楽しみながらなら良いこと、楽しいことだなぁと思います。

 

私の生業は唯一無二の「そうか…」に二人でたどり着くというものなので、

「知っていること」は直接には何ら役に立ちません。

しかしながら近似値を知ることや、モデルを持つという意では大いに役立ちます。

それを当てにするのはむしろ害ですが。

 

また私は「時間」が大好きです。

何故好きかというと、苦があっても必ず時間がその状況に変化をもたらせてくれるからです。

この度、コロナウイルス感染症による自粛で上記とは違う時間の魅力を味わっています。

 

それは、時間に少し余裕があることで、切迫感のない中で何かに取り組む機会を得られたことです。これは、おぎゃーと生まれてからの私の人生にはなかったものと言え、貴重な時となっています。

漕ぎはじめの労力のいることへの着手には格好の時と言えます。

はい。

それでは、頑張りましょう。(笑)

 

お立ち寄り頂きありがとうございます。

地味に寒暖差があり油断すると体調を傾けてしまいそうですが、

皆さまにおかれましてもどうぞお身体大切におすごしくださいませ。

| 昨今の私 | 14:23 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS