ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
<< こころのバランス | main |
今年の確定申告は

2月は確定申告の時期となります。

当ルームも、毎年、届け出ておりますが、なんとなんと本年は既に先週、

税務署に提出して参りました。

 

「こころのバランス」をアップさせてもらい、

お陰様で、すっかりこころのバランスが取れた私は、

面接の合間を縫って作成、提出してきました。

また、今までは紙媒体で提出していたのですが、

いよいよ今年度分から電子申告をする方向になり、その手続きも併せて終了しました。

我ながら1月中に提出したのは初めてなので、すごい!とおもい嬉しいです。

あっ、1つには外勤がないので、源泉徴収票が揃うことを待たなくてもいいというのが大きかったかもです。確かに、それはあります。

集中したいことに集中できる時間を作りたい私が頑張ったことでもあるようです。

 

お話は変わりますが、

今週末は、1泊で他県まで里親カウンセリングのお仕事に行きます。

3回依頼を頂いた、3回目となります。

今後の取り組みについては未定ですが、ご縁が続くことを願っています。

また話は変わりますが、

今週末は、師の定例の研修会とは違う研修会があり、参加したかったのですが、

1月12日に開催された東京での研修会と里親カウンセリングが重なり、

この東京での研修会の参加を優先しした結果、

里親カウンセリング開催の日程が今週末になってしまいました。

土・日のどちらにも予定がないという所は限られていて、仕方がないのですが残念です。

また話は変わって(笑)

東京での研修会、学び多く、有りがたかったです。

ビオンのことはとくに、私では知ることができない貴重な内容で、

講義してくださった、古賀靖彦先生、並びに、主宰の日本精神分析協会会長で、

当日司会をして下さった松木邦裕先生に感謝です。

当日の講義は「精神分析家は分析理論を臨床にどう使うかー精神分析における実践」で、

古賀先生に加えて、吾妻壮先生と、北山修先生の講義も拝聴しました。

 

私はビオンの理論が心底好きで、

ビオンの講義に触れさせていただくのはこの上なく有り難いです。

先達の先生方に、感謝です。

 

話したいことを、ちりばめてしまいました。

終わります。

京都も、ここ数日は寒くなってまいりました。

しかしながら寒さとは関係なく、京都はマスクを販売しているお店の店頭に、

マスクは完売ですとの、張り紙が軒並み見られる今日この頃です。

 

皆様におかれましても、どうぞお身体ご自愛くださいませ。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

 

| ひなぎくのこと | 15:50 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS