ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
<< 里親カウンセリング | main | 日本精神分析協会会長 >>
やり取り

昨日、今日、京都は暑すぎます。

昨年の猛暑を思い出し、苦しくなるのは私だけでしょうか。

いやはや、大変です。

そんな暑さの中、さわやかなやり取りにこころが涼やかになることあり、

(笑)アップの運びとなりました。

 

私はお抹茶が好きで自宅でよくいただくのですが、

お抹茶の購入先はまちまちでした。

しかし今年に入って、近隣地域にある小さなお茶屋さんを発見し、

主たる購入先がこのお店に決まりました。

きっかけは、ショーウインドーの茶筅が目に入り、

お尋ね目的でお店に立ち寄ったことでした。

60代位の店主と思われる方が丁寧に対応してくださり、

お抹茶もそのお店で袋詰めされてる様だったので、その丁寧な対応への感謝も込め、

茶筅の購入はなしでしたが、5種類あるお抹茶の真ん中のものを頂いて帰りました。

店主曰く、日常的に飲まれるなら、一番下のランクでも充分との説明だったのですが、

優柔不断で決めかねた私は、5種類であったのを幸いに真ん中を選んだ次第でした。

 

なんのなんの、そのお抹茶はとてもおいしく、私は、下でも行ける!と思い、

一番下のランクから上まで順番に購入しよう!という、楽しみな決意をしました。

一番上にいけば、また初心(笑、なんの初心かは不明)に帰し、下のランクを購入し、上から下への移行に伴う、風味の違いを私はどう感じるのか…なんてことも楽しみにしょうと。

 

次にお店に行った私は、店主に楽しい決意も伝えて、一番リーズナブルなものを購入。

言われていた通り、充分頂けます。

缶や袋で30グラム千円くらいで購入してきたものと同程度のおいしさがあります。

ちなみにこのお茶屋さんの5種類のお値段の幅は、30グラムで500円〜1200円(税抜き)位だったかと思います。

お値段も決して高くありません。

 

そして3回目にお店に立ち寄った際、撫子の絵が愛らしい夏茶碗が、私の目に留まり、

浅めの夏茶碗は持っていなかったので、お抹茶と共に購入しました。

 

夏茶碗を洗浄し、乾いたのを確認して、購入してきたお抹茶を頂きます。

「うん?」

風味が良くない・・・、それに今までにはあまりなかったお抹茶の小さな玉もあったなぁ・・・、

お抹茶が湿気ているということか?と、思います。

次の日、その次の日、・・・

「ふぅん、段々おいしい、湿気が抜けたということか?夏茶碗の加減だったのか?」

「これは、次の来店で店主のお耳に入れるべきか否か・・・」

 

お抹茶を頂くことがあり、少し間が空き、本日が4回目の来店。

はじめてお目にかかる女性の方が出てこられました。

お顔が店主に似ているのが分かり、娘さんかと思いながら、

次のランク(初めに購入したもの)を頂きたいと告げます。

そして、気が付けば私は、上記のことをことばにし始めました。

決して、苦情ではなく(うん?苦情か?)、いや、苦情ではなく、

それはどこで判断するの? その伝え方の物腰と言葉遣い? かな? かな?。

 

その女性は、すぐに小さな声で

「あっ、それはお父さんに言わないと」と、つぶやかれ、

「お父さん!おとうさん!」と室内に向かって声をかけられます。

わあ、大事にするつもりもないし・・・どうしよう、と私まで慌てます。

 

すぐに店主が出てこられ、男女の差こそあれ、

売り二つの可愛らしい顔立ちに私は親子を確信します。それはいいのですが。

 

「あっ、すみません、この前の・・・(説明)」

「湿気?湿気?」戸惑われます…が、丁寧な物腰です。

 

「それでしたら、その玉、ピリングは・・・(云々)」丁寧な説明をされます。

「湿気であれば、お茶が痛んで色が変わりますが・・・」

「いえ、段々おいしく戻ったので、色が違ったということもありません」

「あっ」と、わたし。

「であれば、夏茶碗を購入させていただいたので、洗浄したもののそのお茶碗の加減だったかも」と伝え、

話しながら確信に近づいた私は、

「ごめんなさい、素人なもので、それまでに頂いたお抹茶に玉がほとんどなかったので、

新しいお茶椀の加減で風味が損なわれたことと、お抹茶の玉を、湿気という理解で結んでしまったかもです」

「いえいえ、言って頂いてこちらも勉強になりますし、ありがとうございました」

娘さん「すごく敏感にわかられるのですね」

「そう、多分そうなんです、なので、ここのお抹茶が美味しいと思うのです」と私。

幸い、私の方も苦情をいうつもりの物腰ではなかったので、大きくバツを悪くすることもなくお店を後にというとき、

ちょっと、ちょっと、と、ご主人が一瞬奥に入られます。

「『千代の栄』(お抹茶の名前)でしたね」、にっこり笑顔と共にポン!と机におかれます。

「えっ?」と、わたし。

娘さんが購入したお抹茶と共に、ふたつを袋に入れられます。

 

「そんなつもりではなかったですが・・・」

「どうぞ、どうぞ、言っていただいてありがとうございました」

 

「そうですか・・」 おばさんは頂きます。(笑)(笑)

「では遠慮なくいただきます。ありがとうございます、すみません」

 

「いえいえ、こちらこそありがとうございました!」と、

お二人のさわやかな声にしばし暑さを忘れました。

 

かっこよかったお茶屋さん親子との、やり取りのお話でした。

 

お抹茶貰った。(笑)

そのこと以上に、プロとしてのお茶屋さんの物腰と、

気持ちがとても嬉しかった私です。

 

急な暑さに、皆さまも体調崩されませんよう、くれぐれもご自愛ください。

いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

| 昨今の私 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myamiho.jugem.jp/trackback/1100202
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS