ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
<< 2019年のはじまり | main | 最善を尽くすために >>
ひなぎく心理ルーム2019年度の抱負

実は、2018年度から外勤をなくし開業のみ稼働という形になったのは、

プライベートで手のかかることが発生したゆえの偶発的事態でした。

しかし、今となっては、開業のみの状況を何とか維持できないかと模索するところです。

なぜなら、精神分析的心理療法とその研鑽に気持ちを集中できる状況だと感じるからです。

 

ひなぎく心理ルームで、精神分析的心理療法を提供するようになってからは、産業の領域での業務提携はあるものの、近年の実質的な稼働は殆どないので、精神分析的心理療法のみを提供してきたといえます。

一般的な心理カウンセリングといわれる領域から精神分析的心理療法に進展してから、経営も格段に安定しましたが、今後、開業のみを生業にと考えるなら、さらなる基盤があっていいと考えます。それは、根本的には同一の理論軸での対応なのですが、私の役割、そのアプローチが精神分析的心理療法のそれとは、全く異なる種類のものといえます。

 

前置きが、長くなりましたが、現時点において、以下5つのことの可能性を検討しています。

一、毎週は無理という方への具体的な紹介先の選定と連携

  これは、電話での受付段階での話ですが、毎週一回以上での日時固定での面接に難しさを感じる方、カウンセリングを受けた経験がなく、なおかつサポーティブなカウンセリングに期待があると思われる方などは、他所の方が適切だと思いますとお伝えしてきました。このような時に、提供する心理療法の専門性の違いを理解したうえで、同様の形式をとる(自費でのカウンセリングを提供)他ルームとの連携を持つことの必要性を考えています。

 

二、不登校の親御さんへのコンサルティングの提供

  当ルームのそもそもの開業動機は、いじめ・不登校を専門に扱う精神科医院勤務時のクライエントの継続面接の場所の確保でした。この医院での8年間は、スクールカウンセラーとしての勤務に大いに役立ちました。私のプロフィールをみて、不登校をはじめとする、子どものことに関する相談の問い合わせもあり、これまでは、学校に勤務するスクールカウンセラーと教育委員会が主催する相談室を紹介し、当ルームでは相談を受け付けていませんでした。それは、私が教育委員会の配属のもと実際に学校勤務をしていたこととも関係します。しかし現在は学校勤務をしていません。なので昨年、毎週お逢いすることをその条件として、不登校の事案をいくつか引き受けました。何とかしたいとの熱意と行動力には目を見張るものがあり、これまでの学校勤務の中でも体験してきたことではありましたが、料金を支払ってでも、というところの意味合いはやはり大きく、そしてそれに応えられるだけの経験値も私に十分あり、これは、一つの学校に縛られることなく、当ルームのようなポジションもあっていいのではと考えた次第です。ただ、今まで通り、まず、スクールカウンセラーの紹介や教育委員会の相談室を紹介することはしていくと思います。それでも埒が明かない、頭をかかえられるだけで困る、と言った場合に、当ルームをご利用いただけたらと思っています。ここでカウンセリングではなくコンサルティングの提供という表現をしているのは、不登校という事態に特化していること、また、私が子どもさんとの関わり方について具体的に提案を出すからです。その提案を遂行し、その結果を私に伝え、さらに疑問点などを言語化して伝えることができる、そのような親御さんには手ごたえをもってご利用いただけると思う体験となりました。よって、ひなぎく心理ルームの提供メニューとして、考えはじめたことです。

 

三、里親カウンセリングの提供

  これは、現時点では、ひなぎく心理ルームで行うということではなく、私が出張して行うことです。この仕事の提供をしてくれた知人に、私の専門分野ではないからと漏らしていたのですが、私が幾人かの里親さんに提供した15分〜20分のカウンセリングが、とても喜ばれ、里親カウンセリングの必要性が私をまた呼びたい!ということを契機として声高に繰り返し言われ、そして、ついには児童相談所の推薦状も取り付けて、ある大手企業の助成金をただいま申請中とのこと。申請が通れば、年に数回、私が寄せていただくことになっています。ご縁が繋がっていくようであれば、引き受けていきたいと考えています。

 

四、精神分析的な個人分析と個人スーパービジョンの提供

  これから始まっていくこと、将来的にはしっかりと機能していければと望むことです。

 自身のさらなる研鑽と今後の出会いに期待しています。

 

五、必要と判断されれば、精神科クリニック連携先の開拓

  これは、文字通り、状況を見てということになります。

 

あれもこれもということではなく、実際にご縁のあること、また、一定レベルで確実にお役に立てることを考えています。

それらには私が扱うに得意とする通底する状況があります。

長くなりますので、それはまたのちの機会にと思います。

あっ、初夢です。

初夢には、博多華丸・大吉の面長の方の大吉さんが登場しました。(笑)

男女、2対2で行くか3対3で行くかと何かの相談しています。場面は変わり、大吉さんにエスコートされ8人乗りの高級車に案内されます。するとそこには、大小の四角い箱に入った美味しそうな色とりどりの発酵食品が仕込んであり、それを私は感嘆を持って眺めます。私に分かったのは、赤色のものがキムチであるということだけで、あとの白や緑のものが何かは分かりません。でもそれはとても手を掛けて作られていて、美味しそうでした。また場面は変わり、大吉さんは遠くで誰かと話をしていて、私の前には幾人かの人が通りすぎ、誰かな?誰かな?と思っています。この3場面が残ったという夢でした。

2019年度には、上記のこととは別で、新しいことがふたつ始まります。

そのことへの私のこころ模様を現した夢なのだろうとの印象を持ちました。

 

わぁ、長くなりました。

ご精読ありがとうございました。

 

それでは、この辺でお開きとします。

 

| ひなぎくのこと | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myamiho.jugem.jp/trackback/1100191
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS