ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
<< 続・勉学の秋 | main | 公認心理師 >>
第64回日本精神分析学会

師走に入りました。

11月のアップが叶わず、お待たせいたしました。

 

今年の学会は京都開催でした。

今年の紅葉は猛暑と台風の影響をうけてか、

その色づきに苦労がにじみ出ていることが否めませんが、

それでも学会会場から眺める宝が池付近の景色は美しかったです。

 

昨年に続き今年も学会発表を行いました。

また今年は、学会認定心理療法士の認定を受けることができました。

私にとって認定を受けることは、精神分析的臨床に邁進することを意味します。

精神分析的な臨床実践は、私の想像をはるかに超えて、

その意義深さと素晴らしさを日々、私に教えてくれています。

 

教えてもらうといえば、学会でも多くの学びと刺激を受けました。

松木邦裕先生が登壇されたいくつかのセミナーの中で、

ランチョンセミナーというものがあり、

その名の通り昼食を頂きながらお話を聞くという企画なのですが、

失礼なことだなぁとは思いつつも大いに退行した状態で、

いつもにはない楽しさを味わわせていただきました。

 

そして私自身について気づかれたことがあり、それは、セミナーの資料や題材が、

これまでに見聞きしたものであっても、

その時々に新しいものを受け取っている私がいるという事実でした。

語られるときによって伝わるもの(無意識的)、伝えているもの(意識的)、

受け取っているもの(意識的・無意識的)が違うのだろうと思います。

当たり前のことなのかもしれませんが、

このことは私が思う精神分析的な臨床実践では非常に重要だと改めて思うところです。

 

ゆえに私にとって50分は毎回新鮮で、よく言われる面接中の「強烈な眠気」という体験は、

あまりないのかもしれないなぁと思ってみたりしました。

 

来年度の学会は札幌とのこと、楽しみであります。

私は確認していないのですが、学会会場で紙面にて広報されていた学会の日程と、

最終日にアナウンスされた日程に齟齬があるそうです。

紙面のものは水・木・金の日付けだったそうで、例年を考えると、

金・土・日でアナウンスされた日程が正しいものと思っていますが、

早く、今一度、真実が知りたいです。(笑)

非会員の先生に教えてくださいね、と言われているからですが。

余談での締めくくりとなりました。

 

また近くアップ致します。

お立ち寄りいただきありがとうございます。

 

| 私の歩み | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myamiho.jugem.jp/trackback/1100186
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS