ひなぎく心理ルームでは臨床心理学の立場から、いろいろな心の「悩み」や「葛藤」、「違和感」などに対してお話を充分にお聴きし、共に見つめ、整理しながらカウンセリングを進めていきます。
<< H29年3月の勉強会と外勤日 | main | H29年4月の勉強会と外勤日 >>
カウチ

ひなぎく心理ルームでは、2012年10月より、カウチ(寝椅子)を導入しています。

フロイトが創始した精神分析では、カウチが使用され、その治療頻度は、週4回以上です。

日本にも、フロイトが創設した国際精神分析学会に加盟する日本精神分析協会があり、国際基準を満たす精神分析家が33名(協会HPより)おられます。

 

また、精神分析に興味のある臨床家が広く入会できる、日本精神分析学会には、

2015年4月時点で2732名の会員(学会HPより)が在籍しています。

精神分析的心理療法を提供する臨床家は、主にこの学会に所属しており、

日本精神分析協会の精神分析家とも、相互研鑽がなされています。

 

当ルームは、週1〜3回の精神分析的心理療法を行っています。

週3回以下の頻度においても、カウチを使用する意義は大きいと考え、実践してきました。

カウチ導入から約4年半、クライエントの9割以上が利用し、対面にはない成果を実感しています。



        P1040342.jpg

私は椅子に座り、傍らのクライエントに思いをはせていきます。


唯一無二の時が流れます。

 

| ひなぎくのこと | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myamiho.jugem.jp/trackback/1100084
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS